ブーログ › ホメオパス杉浦美奈子のブログ › 

ホメオパシーあれこれ

2018年09月19日 16:05  カテゴリ:ホメオパシーあれこれ

初めてのホメオパシー講座@西尾

今日は西尾のカフェさらさにて
ホメオパシーの入門講座の1回目を開催しました。
ホメオパシー初心者ばかり6人のかたにご参加いただいて
西尾の講座を探してたとか
ホメオパシー気になってましたとか
有り難いですね
カフェさらさ さんの好意に感謝です。
ありがとうございます。
カフェさらさは居心地が良い
そしてランチが美味しい!
私もランチが楽しみで

場所って大事で
岡崎のてくとの家もそうですし、
安城のサーラプラザも
それぞれ居心地が良い。
てくとの家にはもう入りきらないくらいの申し込みをいただいて
初めてキャンセル待ちが発生
どこでもいいというわけにはいかないですね
その場所を作っている方の心が人を呼ぶのかなと感じます。
来週27日木曜日も
カフェさらさにてワクチン講座です
あとお2人入れますよ。
ランチも食べられるなら、座談会形式で質問にお答えしますよ。
写真は今日のランチ
品数が多くて、見た目素敵で
主婦にはたまらない!

  


Posted by ホメオパス 杉浦美奈子 │コメント(0)

2018年09月16日 19:52  カテゴリ:ホメオパシーあれこれ

自然療法家の意見交換会&勉強会

自然療法家の意見交換会&勉強会
これを三河SCHとして定期的な開催を始めました。

SCH(Space for creative healing )
これはどういうものかと言うと、自然療法家の人達がリアルケースを元にその人の何が問題?で、何を治療するべきか?皆で自由に議論する場なのです。

と、東京の人気ホメオパス片桐航先生が開催されているこのSCHに参加して、
ものすごく勉強になった

これはもう愛知でも開催したい!

と言うわけで、あちこちに声をかけて
先月から開催が実現しました!
嬉しい!



今月は先週の8日に開催
テーマは統合失調症
長年精神科の看護師から
統合失調症のかたは特徴的な姿勢があるとか
オステオパシーからは
その特徴的な姿勢は硬膜から引っ張られてそのようになるとか
興味深い話をたくさん聞けました
楽しい!

これから毎月開催予定
同じケースでも他の自然療法はどんなアプローチをするのか

ホメオパシーだけではカバー出来ない部分は
他の方法があるんです。
協力したら、それだけ治癒への可能性が広がる
ワクワクする会です!
  

Posted by ホメオパス 杉浦美奈子 │コメント(0)

2018年07月07日 18:19  カテゴリ:ホメオパシーあれこれ

西尾のカフェさらささんでワクチン講座開催します

ホメオパシーセンター愛知三河安城
ホメオパス 杉浦美奈子です。

7月30日西尾のカフェさらささんにて
「予防接種のメリット・デメリット」講座を開催させていただきます。
定員あと3名ほどです。
詳細は下記カフェさらさのインスタグラムをご覧下さい。
https://instagram.com/p/BkK3SR6ge5N/

お申し込み、お問い合わせはホメオパシーセンター愛知三河安城ホームページのお問い合わせフォームからでも。
http://aoitori.strikingly.com/


  

Posted by ホメオパス 杉浦美奈子 │コメント(0)

2018年05月03日 16:28  カテゴリ:ホメオパシーあれこれ

子育て中のお母さんに知ってほしい

Facebookでの小児科医の横地真樹先生の投稿はわかりやすくて、
子供の病気の時に、過剰に心配しなくても大丈夫になりますよ。
今日の投稿は抗生物質についてでした。
すごくわかりやすくて、おススメです!
私からも一言
感染症には、ウイルス性と細菌性があります。
いわゆる風邪はウイルス性の感染症です。
ウイルス性の感染症には抗生物質は効きません。
抗生物質は細菌性感染症の最終手段として使うのが一番効果的です。
むやみに薬を使うことで、より危険な事になる事も多いです。
自然治癒力で、自分で治る力が生き物にはあります。
https://www.facebook.com/100008869789507  

Posted by ホメオパス 杉浦美奈子 │コメント(0)

2018年04月07日 16:26  カテゴリ:ホメオパシーあれこれ

美容とアンチエイジングについて

ホメオパシーセンター愛知三河安城
ホメオパス 杉浦美奈子です

あんまり講座などでも触れてこなかった分野

美容とアンチエイジング

私が考える美しさ、若々しさについて
やっと最近考えが固まってきたのでお話ししようかなと思います。

私の中で一番迷いがあったのが化粧品の分野です。
社会人になって
身だしなみとしてお化粧をするようになった時に
勧められた化粧水や乳液を使ったら肌がすごく荒れてしまったのと
香料にどうしても馴染めなかった事で
化粧品を全部買い替えた経験があります。
ここから私の化粧品に対する苦手意識が作られたのかなと思います

私の場合、結局出来るだけシンプルなケアをするのが一番合っていました。
これにプラス、自分の女性性を受け入れて感覚を大事にする事、
メイクやファッションのテクニックを使って美しくなる事を楽しむ事、
他にも運動をするなどいろいろ気をつけている事は有りますが、
大事なのは楽しいかどうか。

それに、意欲に満ちてワクワクする事をしている時期は良い顔をしていますし
親の期待に応えるために選んだ職業をしている時はすごく老けて見られていました。

女性は恋をしていると良いホルモンがいっぱい出て内側から輝くように美しくなります。
好きなアイドルに夢中になるだけでやっぱり良いホルモンがたっぷり出るので、明らかにキレイになります。
生き方を変えたらキレイになった人を私はたくさん知っています。

また、内臓が弱っていたり、貧血だと肌のツヤや質、髪の量やツヤに大きく影響します。

外側からいくら栄養を与えても、根本の内臓や血液がしっかりしていないと効果は別れてくるでしょう。

ホメオパシーは薬やサプリメントなど何もなくても、
自分の力で健康を保つことが目的です。
なので、私はホメオパシー健康相談会では、薬やサプリメントはもちろん、レメディーも無くても健康でいられる身体と精神を目指します。

美容やアンチエイジングも同じです。
ホメオパシーでは特別なことをしなくても、内側からキレイになれるようにサポート出来ます。
また、私は年齢相応の美しさが大事だと思っています。
過剰な若さや美への執着も手放していく事で自分本来の美しさに気付き、自分を好きになる事で更に美しくなれると考えています。
  

Posted by ホメオパス 杉浦美奈子 │コメント(0)

2018年01月09日 15:17  カテゴリ:ホメオパシーあれこれ

K2シロップについて

ホメオパシーセンター愛知三河安城
ホメオパス 杉浦美奈子です

昨年秋にアメブロからブログをお引越ししましたので
アメブロの過去記事を順次ご紹介しています
今回は2015年6月のK2シロップの記事です



もうすぐ出産する方からの相談で

出産する病院でK2シロップを飲ませたくない旨を伝えたところ

みんなに飲ませており、飲ませないことはできないと言われた

どうしたらいいかとの相談だった


拒否できないんだ?!!と私も驚きました

てっきり一筆書けば拒否できると思っていた

改めてK2シロップについて調べてみた

簡単に言うと

結構な食品添加物が入っている(新生児は解毒器官がまだしっかりしていない)

そもそも問題視される頭蓋内出血の原因は「不明」であって、ビタミンK(K2)の欠乏ではない

頭蓋内出血がおきたときの、止血に役立つ成分がビタミンK(K2)である

ゆえに、K2シロップは頭蓋内出血の予防になるという根拠がない

ちなみに、拒否した人は保健師さんから、

新生児はビタミンKが不足しやすいから

ビタミンKの多い納豆やわかめを食べるように言われたとか


しかし実際ただでさえ不安になる出産時

母体のストレスからの悪影響を考えると

無理やり断るのもお勧めできない

悩ましい世の中です


自分の健康には自分で責任を持つという人が増えたら

病院に無理やり予防として薬を飲まされることも減るのでしょう

遠い道のりのように感じますが

私はそういう人が増えてきつつあると感じてもいます

それに、添加物を避けられないとわかっていて赤ちゃんは生まれてくると思います

全て自分で選んでくるのですから

ホメオパシーでは添加物のレメディーもあります

ホメオパシーには臓器の働きを高める方法もあります

上手に活用して出産育児が楽しめるといいですね

以下はK2シロップの添付文書やらウィキペディアなどからの抜粋コピペです

添加物の内容を知りたい方は長いですが読んでみてください


添付文書から

本剤は、1mL中にメナテトレノン2mgを含有する黄色澄明のシロップ剤である。
添加物として安息香酸ナトリウム、クエン酸水和物、ゴマ油、水酸化ナトリウム、ソルビタン脂肪酸エステル、D‐ソルビトール液、パラオキシ安息香酸エチル、プロピレングリコール、ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油60、香料を含有する。

安息香酸ナトリウム

安息香酸ナトリウムは
・清涼飲料水、栄養ドリンク、シロップ、普通の醤油や酢
・果実ペースト、果汁、キャビア、マーガリン、シャンプー
などに用いられる保存料で、細菌やカビの増殖を抑えて、食品や清涼飲料水などが腐るのを防ぎます。
【注意すべきポイント】
安息香酸が発見されたのは、1,608年と古く、
1,875年に細菌の増殖を抑えることが判りました。
安息香酸にナトリウムを加えたのが、安息香酸ナトリウムです。
安息香酸ナトリウムは、アメリカやヨーロッパなどでも使用される。
日本の使用限度は、
・キャビア 2.5g/kg
・マーガリン 1.0g/kg
・その他 0.6g/kg である。
栄養ドリンク(清涼飲料水)にも添加されていることが多い。
【人体への影響】
ラットに対して、安息香酸Naをえさに2%および5%の割合で混ぜて4週間食べさせたところ、5%群では
全てのラットが過敏状態、尿失禁、けいれんなどを起して死亡した。
2%群では、体重が減少し、食欲も低下した。
安息香酸と安息香酸ナトリウムを含むエサで、犬を250日間飼育したところ、投与量が体重当たり1g/kgを越えると、運動失調、てんかん様けいれんを起して死亡する例がありました。
黄色4号と一緒に摂取すると喘息やじんましんが起こりやすいので、
ぜんそくやじんましんの傾向のある人は絶対に取らないようにしましょう。
また、厚生省から発がん性テスト班では、
「変異原性」(細胞に突然変異が起こる)が有り、
「発がん性」が認められた食品添加物です。
引用元:食品添加物の危険性.comより抜粋

クエン酸水和物
クエン酸水和物「ヨシダ」の作用と効果について
爽快な酸味のある有機酸で、局所の収れん、刺激作用があります。
通常、緩衝・矯味・発泡の目的や、リモナーデ剤の調剤に用いられます。
次のような方は使う前に必ず担当の医師と薬剤師に伝えてください。
以前に薬を使用して、かゆみ、発疹などのアレルギー症状が出たことがある。妊娠または授乳中他に薬などを使っている(お互いに作用を強めたり、弱めたりする可能性もありますので、他に使用中の一般用医薬品や食品も含めて注意してください)。
用法・用量(クエン酸水和物「ヨシダ」の使い方)
通常、緩衝・矯味・発泡の目的で調剤に用いられ、配合している他の薬剤により使用方法や使用用量が定められます。必ず指示された使用方法に従ってください。飲み忘れた場合の注意は配合されている他の薬剤に合わせてください。誤って多く飲んだ場合は医師または薬剤師に相談してください。医師の指示なしに、自分の判断で飲むのを止めないでください。
副作用
該当する記載事項はありません。まれに下記のような症状があらわれ、[ ]内に示した副作用の初期症状である可能性があります。
このような場合には、使用をやめて、すぐに医師の診療を受けてください。該当する記載事項はありません。以上の副作用はすべてを記載したものではありません。上記以外でも気になる症状が出た場合は、医師または薬剤師に相談してください

水酸化ナトリウム
基礎工業薬品のひとつとして多様な方面で用いられる。水酸化ナトリウムの2008年度日本国内生産量は 4,372,807 t、消費量は 986,744 t である[2]。2001年時点の世界生産量は4218万tであり、アメリカが1/4強と首位を占めた。これに中国、日本を加えた3カ国で全生産量の過半数を占める。
代表的な用途としては、単純なアルカリとして上水道・下水道や工業廃水の中和剤とされるほか、ボーキサイトからアルミニウムの原料であるアルミナ(酸化アルミニウム)を取り出すのにも使用される。パン、スナック菓子のプレッツェルの生地を水溶液に浸けて、表面のつや出しと食感改善にも利用されている。ただし、高温 (170°C前後) で焼かれるため、炭酸ナトリウムに変化し製品には残らない。
鹸化作用を利用する最も基礎的な薬品である。ほとんどの場合、固形石鹸の製造には水酸化ナトリウムが用いられる。石鹸ベースの洗剤の製造にも使われることがあるが、こちらは水酸化カリウムを用いる液体石鹸がベースの製品が多い。 家庭で天ぷら油の廃油などを利用した手作り石鹸を制作する際にも欠かせない薬品で、薬局等にて印鑑と身分証明書があれば購入可能であるが、水酸化ナトリウムは大変危険な薬品であることを決して忘れてはならない。強力な塩基性の薬品であるとともに、水和熱が大きいことから思わぬ爆発的反応を起こす事があり(例えばフレークの苛性ソーダに水をかけると急激に発熱し突沸する)、不慮の事故につながりかねない。
また、水酸化ナトリウムそのものの強力な脱脂作用や強塩基性の溶解能力を利用して直接洗浄剤として用いられることもあり、市販の排水管クリーナーは水酸化ナトリウムを主剤としたものが多い。またこれに加えて苛性カリや界面活性剤を加え洗浄力を強化した製品も販売されている。こちらは主に業務用で、空調業界やクリーニング業で使用される。
また、油分と反応して鹸化する特性を利用して、メッキ工場などでの脱脂処理として利用されることもある。
製紙工業においては、パルプ製造の際、原料の木材中のリグニンを溶解するための蒸解行程で硫化ナトリウムとともに多量に消費される。
学校教育の現場で、葉の葉脈を取り出す実験を行う際の水溶液として利用されることがある。葉を水酸化ナトリウムの水溶液に浸して加熱したあと、葉肉を歯ブラシなどで除去し、葉脈を取り出す。
過去にラーメンのコシを出すために使われているかんすいの代用品として使われていた時期もあったが、現在は、食品衛生法により、食品添加物としての使用は条件が付けられている。(製造用剤として認められているが、最終食品の完成前に中和又は除去することが定められている。財団法人日本食品化学研究振興財団

ソルビタン脂肪酸エステル

ソルビタンには水酸基が4つあり、それぞれに各種の脂肪酸がエステル結合するため、種類は多様である。一般にやや疎水性の傾向を示し、HLB値はソルビタンモノオレエートの2.0から同モノラウレートの8.6までのものが存在する。
O/W(水中油滴)型乳化として、ソルビタンモノステアレートとソルビタントリステアレートを組み合わせたものが、ショ糖脂肪酸エステルと配合してコーヒーフレッシュに、またレシチン・グリセリン脂肪酸エステルと配合してホイップクリームに用いられる。
W/O(油中水滴)型乳化としては、マーガリンの水分分離防止や、パン製造時の離型剤としてソルビタンモノステアレートが、バタークリームの離水防止・保型性向上のためソルビタンジエステルや同トリエステルが用いられることがある。消泡剤としてはソルビタントリオレエートやトリエルシネートがプリンミックスや発酵食品・佃煮などに用いられる。粉末ココア・粉末カレーなど油脂を含む粉末食品には分散性向上のため、ソルビタンモノラウレートや同モノステアレートが使われることがある。モノステアレートはチューインガムの歯への付着防止やチョコレートのファットブルーム軽減にも有効である。
近年では、フマキラーから『カダンセーフ』、丸和バイオケミカルから『ムシラップ』の名で殺虫・殺菌剤として、花王から『スカッシュ』(但し、ポリオキシエチレン樹脂酸エステルも含有)の名で展着剤として販売されており[2]、天然由来のほぼ毒性のない農薬として注目されている。
その他、医薬品や化粧品の添加物としても用いられる。(この場合、成分表示にはポリソルベートと表記する。) また、プラスチック用帯電防止剤や、食器洗浄機用乾燥仕上げ剤としても用いられる。

D‐ソルビトール液

別名
D-ソルビット
簡略名又は類別名
甘味料
食品に甘味を与える
製造用剤
豆腐を作る時に豆乳を固める豆腐用凝固剤、中華麺の食感や風味を出すためのかんすい、ハムやソーセージの組織の改良のための結着剤など、機能や用途が多岐にわたり分類が難しいものを便宜上まとめたもの
その他
その他、食品の製造や加工に役立つ
食品衛生法による分類
指定添加物
解説
ソルビトールは天然にも広く存在し、紅藻類には13%、柑橘類以外の果実に1~10%含まれている。製法には、でんぷん類の分解還元、砂糖の転化還元などがあるが、日本ではブドウ糖を還元、精製してソルビトール液を作り、これを濃縮して、含量80%以上のソルビトールとしている。そのため、別に含量50~70%のソルビトール液の公定書規格もある。白色結晶性粉末で、清涼な甘味を持ち、甘味度はショ糖の60%程度である。水に溶け易く、エタノールにやや溶け難い。ソルビトール液はグリセリンより放湿吸湿速度が少なく、保湿効果が大きい。またショ糖液より浸透圧が大きく、メーラード反応は起こし難いなどの特色があるので、各種食品の保湿剤、品質改良剤として広く使われる。たん白質の冷凍変性の防止効果があるので、冷凍すり身に多量に使用されている。ビタミンCや乳化剤のソルビタンエステルの原料でもある。

パラオキシ安息香酸エチル
パラオキシ安息香酸エステル(パラオシシあんそくこうさんエステル, para-hydroxybenzonate)は、安息香酸エステルのパラ位にフェノール性ヒドロキシ基を持つ有機化合物群の呼び名である。主に飲料向けの防腐剤として使用されているが食品・医薬品あるいは化粧品の防腐剤成分名として掲示する場合に、製品に複数種含まれるパラオキシ安息香酸エステルを総称してパラベン(paraben)と呼称される。フェノール部分は塩を形成するためナトリウム塩などの形で使用される場合もある。
防腐剤として使用される製品名とIUPAC名を次に挙げる
•メチルパラベン、methyl 4-hydroxybenzoate
•エチルパラベン、ethyl 4-hydroxybenzoate
•プロピルパラベン、propyl 4-hydroxybenzoate
•イソプロピルパラベン、isopropyl 4-hydroxybenzoate
•ブチルパラベン、butyl 4-hydroxybenzoate
•イソブチルパラベン、isobutyl 4-hydroxybenzoate
•ベンジルパラベン、benzyl 4-hydroxybenzoate
パラオキシ安息香酸エステルは広い菌種に対して、静菌作用を示し通常はエステル部分の異なるパラオキシ安息香酸エステルを組み合わせて使用される。抗菌活性の強さは、ベンジル>ブチル>プロピル>エチル>メチルエステルの順といわれている。消毒剤や感染症の治療剤としては用いられない。

プロピレングリコール
用途[編集]
低用量では生物への毒性が低く、また無味無臭であることから、保湿剤、潤滑剤、乳化剤、不凍液、プラスチックの中間原料、溶媒などとして用いられる他、保湿性や防カビ性に富むことから医薬品や化粧品、麺やおにぎりなどの品質改善剤等、広範囲で用いられている。
医薬品としては、注射剤・内服薬・外用薬の溶解補助剤として調剤に用いられている。
毒性[編集]
哺乳類に対するLD50は経口(5種類の生物)で 18~24 g/kg と報告されている[3]。皮膚および眼に対して軽度の刺激性を持つ。低用量では慢性毒性が見られないとされる[3]。
法規制[編集]
•消防法で危険物第4類に分類されている。
•生活環境保全条例では規制対象物質に指定されている




ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油60
POE硬化ヒマシ油とは
POE硬化ヒマシ油とは、非イオン界面活性剤です。様々な化粧品の可溶化、透明化に使われます。原料はヒマシ油を使っていて、それを固形化したものなので、その名がつけられています。非イオン界面活性剤とは、イオン化しないものなので、人体への安全性が高いため、多くの化粧品メーカーが使用しています。POE硬化ヒマシ油はその中の活性剤のポピュラーなものです。さらにPOE硬化ヒマシ油は、数種類の組み合わせで、かなりの乳化ができるため多くの化粧品に使われています。界面活性剤とは、洗剤やせっけんのことをいいます。主に、洗顔料、化粧水、乳液などのスキンケア商品に使用されます。この成分の人体への危険性はほとんどないと言われています。
POE硬化ヒマシ油の効果
POE硬化ヒマシ油は、界面活性剤なので、洗顔料などで顔の汚れを落とす効果があります。また、化粧水や、乳液、クリームに使われることがありますが、これは、製品の水と油を乳化するのが目的なので、特に肌への相乗効果はありません。  

Posted by ホメオパス 杉浦美奈子 │コメント(0)

2018年01月05日 19:11  カテゴリ:ホメオパシーあれこれ

第18回JPHMAコングレス ホメオパシー学術大会

明けましておめでとうございます
ホメオパシーセンター 愛知三河安城
ホメオパス 杉浦美奈子です

1月13日土曜日・14日日曜日
東京都世田谷区民会館で開催される
第18回JPHMAコングレス ホメオパシー学術大会

私もケースを3つほど提出しまして
無事採択されましたので
13日にポスター発表をさせていただくので
発表用ポスター資料を今日から作り始めています。
概要をご紹介しますね

「妊娠中の様々な急性の問題に対するホメオパシーでのアプローチ」

妊娠出産時に大きな助けとなるホメオパシー
現代医学では方法のない症状も、レメディーにより自己治癒力を触発された体は、素早く問題を自力で解決していきます。
副作用のない安全なホメオパシーが、たくさんの妊婦さんに届くことを願って、ケースをまとめました。
①39歳 妊娠32週の女性 
水腎症の疑いのある右わき腹の激しい痛みの急性相談のケース
痛みで前夜から夜も眠れず、食事もとれないとの相談でした。
急性症状にZENメソッドを応用し、クライアントの症状をもとにTBR(The Bonnighausen repertoryの略)から導き出したSulph、Canth、Bellで素早く痛みが改善し、詰まっていたであろう尿の排尿ができたケースです。
②40歳 妊娠28週女性
低置胎盤が2回の相談会のレメディーで改善し、帝王切開を回避できたケース。
子宮口1センチ付近に胎盤があり、このままでは帝王切開になる可能性もあるとのことで相談に来られた。
低置胎盤のレメディーのErigを柱にZENメソッドでレメディーを組み立てた。
相談会から1か月半後の検診で子宮口から4センチ弱まで胎盤が上がった。
2回目の相談会の時点では出産まで1か月ほどだったが、さらにじりじりと胎盤は上がっていき、普通分娩で無事出産できたケースです。

「妊娠中のアトピーの悪化と妊娠糖尿病に対するホメオパシーでのアプローチ

33歳 妊娠4か月目の女性
主訴 陰部のカンジタの痒み。妊娠してからのアトピーの悪化、妊娠糖尿病、
この方はカンジタやアトピーの痒み、妊娠糖尿病、浮腫と尿の問題、顔面神経麻痺など様々な問題が発生して大変な妊娠期間でしたが、カンジタとアトピーは小腸をサポートすることで改善し、妊娠糖尿病は膵臓のサポートをすることで改善し、その他の問題には家庭用レメディーキットが役に立ちました。
ホメオパシーだけではうまくいかなかったでしょう
食事を変える努力、運動する努力、これがあったからだと思います。
食事を変えて運動をしてめぐりのよくなった体はレメディーの刺激により治癒に向かってより一層働きます
レメディーが治すのではなく自分自身の自己治癒力が治すのだという事を妊娠出産によって体感されたケースでした。
妊娠出産時に大きな助けとなるホメオパシー
副作用のない安全なホメオパシーが、たくさんの妊婦さんに届くことを願って、ケースをまとめました。

ホメオパシーセンター愛知三河安城では
第18回JPHMAコングレス ホメオパシー学術大会の優待チケットを販売しています
1月7日まで早割料金なのですが、ホメオパスから購入されますと安く買えますよ。
参加を迷っていらっしゃる方は是非ご利用ください。




  

Posted by ホメオパス 杉浦美奈子 │コメント(0)

2017年11月27日 19:38  カテゴリ:ホメオパシーあれこれ

ホメオパシー学術大会が開催されます。

ホメオパシーセンター愛知三河安城
ホメオパス 杉浦美奈子です。

日本ホメオパシー医学協会(JPHMA)設立20周年記念の、ホメオパシー学術大会(コングレス)が
1/13(土)、14(日)世田谷区民会館にて開催されます。

国内はもちろん、海外のホメオパスも症例を発表します。

この学術大会、とらのこ会員はもちろん、一般の方もご参加可能です。
東京なので、交通費がかかりますが、ホメオパシーの素晴らしさを感じたい!
ホメオパシーをもっと知りたい!
と言うかたは、是非参加して下さい
私もチケットを販売しています。
しかも割引チケット!
普通に買うより断然安いので、もし参加希望の方はご連絡下さい。
① 特早割 は11月30日(木)までです!
種別(特早割)
とらのこ会員
1日参加 7000円が割引チケットだと6000円に
両日参加 12000円が割引チケットだと10000円に
一般
1日参加 9000円が割引チケットだと7000円に
両日参加 16000円が割引チケットだと12000円に

ちなみに通常料金は下記の通り

③ 通常料金 
とらのこ会員
1日参加11000円
両日参加 20000円
一般
1日参加13000円
両日参加 24000円
12月からは早割料金になります。
早割も通常も、割引チケットでだと安くなります。

チケットご希望の方は下記ホームページのお問い合わせフォームから
ホメオパシーセンター愛知三河安城ホームページhttp://aoitori.strikingly.com/#_16

コングレスの詳しい内容はこちら
JPHMAホームページhttp://jphma.org/congress2017/


ちなみに私は2日とも参加で、お弁当も2日分申し込みました。
パーティーも参加予定です。
ボランティアも参加していますので、見かけたら声をかけて下さいね(^^)
昨年もボランティアでホメオパシー出版のブースに入っていました。
出版の裏側とかの話が聞けたり
有名な方が買いにいらしたりして、ちょっとお話しできたりして、たのしかった!(ミーハー)
参加しまくりです(*^_^*)
毎年レメディーやクリーム類がコングレス特別価格で買えますから、こちらも楽しみです!
今から買うものリスト作っちゃいます。
発表の方も、すごく楽しみですね。
昨日応募テーマが発表になりましたね。

学術発表・応募状況。テーマ一覧(2017年11月24日時点)
•失恋によりインナーチャイルドを癒したケース
•大動脈解離・人工血管交換手術を4週間で回避できたケース
•鬱・アトピーの再発をレメディーとインチャ癒しで乗り越えた音楽家のケース
•多発性硬化症の診断を伴う、首肩のこり、足の痺れ、疲労が改善したケース
•片側性麻痺が改善されたケース
•子宮頚がんワクチンの副反応に改善が見られたケース
•心身の症状が改善した小学生のケース
•前立腺がんの疑いPSAの数値が下がり安定したケース
•アトピー性皮膚炎のケース
•痛みを通して気づきを深め、改善へ向かったケース
•脊椎側弯症が改善したケース
•子どもを亡くしたトラウマを、ホメオパシーとインナーチャイルド癒しで乗り越え、新しい命を授かる事が出来たケース
•ホメオパシーとインナーチャイルド癒しによって数々の試練を乗り越え、美しい命を守った女性のケース
•長期の不眠症がインナーチャイルド癒しとホメオパシーの併用で改善したケース
•体調が改善。亡き母に捧げる50年ぶりのコンサートを開催できた音楽家のケース
•磔の刑にされたかのような痛みと違和感が改善したケース
•ゆっくり休めず働きづめなのが緩み、症状が改善したケース
•臓器サポートをしながら精神が楽になり気付きが得られたケース
•思春期の糖質摂取過多による不調と不登校が改善したケース
•不随意に顔、頭から転んでしまう状況が改善したケース
•インチャ癒しで体調が改善したケース
•うつ症状が改善し抗精神薬から離脱できたケース
•ジェムレメディーとフラワーエッセンスの併用で共依存関係を解消したケース
•還暦を過ぎて愛する夫を失った女性が輝いて生きられるようになったケース
•インナーチャイルドセラピー 自分の言動で誰かを傷つけないか、不安で不安でたまらない
•手術が出来ないと診断された子宮蓄膿症の犬がレメディーで完治したケース
•40代女性 物心ついた頃からのアトピーが2回の処方で劇的に改善したケース
•感情を解放することによりアトピーが改善したケース
•カンジタと水銀、薬の影響をとることで改善した皮膚疾患と月経不順
•パニック障害及び不眠が改善したケース
•長年のうつ病が一回の相談会で好反応を示したケース
•10年以上ホメオパシー治療を受けてきた電磁波&化学物質過敏症がインナーチャイルド癒しに取り組むことで改善し始めたケース
•ストレスによる円形脱毛症と不定愁訴が改善したケース
•背中、腰、右手首の痛みと憑依しやすい体質が改善したケース
•産後のうつ症状が改善し趣味の絵を楽しめるようになったケース
•ダウン症に伴う心室中隔欠損症及び心房中隔欠損症へのアプローチ
•蛋白漏出性腸症(低アルブミン血症による腹水)が改善したケース
•10ヶ月の無月経から1ヶ月で生理を取り戻し,胎児期のトラウマ、その後形成されたインチャに母子で気づき本来の自分生きられるようになったケース
•医療との連携により、統合失調症薬の禁断症状を出さず断薬できたケース
•妊娠中の様々な急性の問題に対するホメオパシーでのアプローチ
•妊娠中のアトピーの悪化と妊娠糖尿病に対するホメオパシーでのアプローチ
•脳卒中発作への緊急対応及びその後のケアについて 糖尿病が改善したケース
•動物の肝臓がんや、乳癌が改善したケース
•甲状腺のバセドウ病が改善したケース
•犬におけるホメオパシーの即効性
•ひきこもりと過食がインナーチャイルドを癒したことで改善したケース
•発達障害、てんかん、喘息のケース
•アトピー、喘息、発達障害の疑いのケース
•不妊のケース
•ホメオパシー×食農×愛で重度アトピー性皮膚炎が改善したケース
•子宮収縮抑制剤(張り止め)を飲まずに妊娠を継続できるようになった子宮頚管無力症のケース
•妊娠中の子宮筋腫が縮小して、経膣分娩が出来たケース

いやー全部見きれるかどうか。
私は妊婦のケースを2つ出しましたので、よかったら見に来てくださいね。

  

Posted by ホメオパス 杉浦美奈子 │コメント(0)

2017年11月17日 09:23  カテゴリ:ホメオパシーあれこれ

12月11日安城市にてワクチン講演会がありますよ〜



ワクチンについて、小児科医横地先生の講演会が安城で開催されますよ
ここ数年で赤ちゃんに打つように進められているワクチンがかなり増えました。
全部打たなくても良いって知ってました?
打つにしても、どんなワクチンを選んだらいいか、しっかりおしえてもらえますよ〜
詳細やお問い合わせはこちら
https://www.facebook.com/events/1956274501307503/?ti=icl  


Posted by ホメオパス 杉浦美奈子 │コメント(0)

2017年11月13日 07:00  カテゴリ:ホメオパシーあれこれ

オーストリア(カンガルーのいない方)土産のレメディー

私の末の妹は国際結婚をして
ヨーロッパのオーストリアに住んでいる

オーストリアでは
妊婦や乳幼児が病院にかかると
まずホメオパシーのレメディーが
お医者さんから処方されるそうだ

ホメオパシーを知らなかった妹は
一人目の男の子が夜泣きの時に
病院で相談したら出してくれたと言って
知らずにレメディーを子供にとらせていた

これあげるとけっこう泣き止むんだよね
と無邪気に喜んでいた

今ではすっかりホメオパシーファンになり
二人目の出産や育児でかなり活用していた

オーストリアの家庭では
風邪で熱があったり
頭やお腹が痛かったりしたときは
まずはじめにハーブティーなどで対処するらしい
薬局には様々な症状に合わせてブレンドされた
ハーブティーがたくさん売られている
風邪にかかったかなと思ったら
日本とは飲む物が違うんですね

ホメオパシーのレメディーも
シュスラーの生命組織塩(ティッシュソルト)も
薬局で普通に売られていて
とても便利なのだそうだ

妹からのお土産にハーブティーと
マザーチンクチャー
(薬草をアルコールに浸けて作られたもの)
それにティッシュソルトとレメディーのパンフレット



  


Posted by ホメオパス 杉浦美奈子 │コメント(0)