2018年01月12日 07:00  カテゴリ:私のホメオパシー体験

もしかして発達障害?ホメオパシーには方法があります

ホメオパシーセンター愛知三河安城
ホメオパス 杉浦美奈子です

昨年秋にアメブロからブログをお引越ししましたので
アメブロの過去記事を順次ご紹介しています
今回は2015年6月の発達障害についての記事です




発達障害気味だけど診断がつくほどではない

小さい頃うちの子はこんな感じでした

私は20代のころ社会福祉主事という国家資格を取った時に

発達障害についての知識を得ました

なので息子の異常なこだわりの強さとか

食べ物の好き嫌いの異常な多さとか

他の子供と遊ぼうとしない(特定の子としか遊べない)こととか

忘れ物やなくし物の異常な多さとか

なんとなく発達障害くさいと感じていました

多動ではなかったため

検診や保育園でも指摘されませんでしたが

しかし私は死ぬほど悩んでいました

特に食事面で

食べられるものが牛乳とパンと卵

戦隊物の絵柄の付いたレトルトのカレー

スナック菓子やインスタントラーメン

あまり食べさせたくないものしか食べませんでした

運動させようにも極端に動きたがらない

おやつをあげなくても

お腹を空かせていても絶対に嫌いなものは口に入れませんでした

毎日何を食べさせようかと

キッチンに立ち尽くす日々

一時間も二時間も献立が決まらずただ時間が過ぎていく

たぶん病院に行けばうつ病と診断される感じでした

疲れすぎていて病院に行く気力もなく

行かずに済みましたが

ホメオパシーに出会って

ホメオパスの健康相談を受けてレメディーをとるたびに

息子たちは大きく変化しました

最初変化に気が付いたのは学校の先生でした

作文が急に書けるようになったと言ってびっくりされました

今では好き嫌いはあるものの

野菜も食べられます

運動も好きになり

友達もたくさんできました

忘れ物も徐々に減りつつあります

一番効果のあったのはなんのレメディーだと思いますか?

予防接種を希釈浸透したレメディーです

これをとって

たくさんの膿を排出したり

熱を出したり

感情を出したりして

変わっていったのです



私の末の妹が

子供の同じような症状で悩んでいました

先月健康相談をしてレメディーを取り始めたところ

二週間で

急にお友達と遊ぶようになったり

皆と一緒に楽しそうに歌を歌えたり

出来なかった工作が急にやりはじめたりと

昨夜うれしい報告をしてくれました



発達障害かもと悩んでいる方、

ホメオパシーは副作用はないのですから

試す価値はありますよ

ホメオパシーには方法があります
  
タグ :発達障害


Posted by ホメオパス 杉浦美奈子 │コメント(0)

2018年01月12日 07:00  カテゴリ:ホメオパシー症例

子供の熱性痙攣のケース②

ホメオパシーセンター愛知三河安城
ホメオパス 杉浦美奈子です

昨年秋にアメブロからブログをお引越ししましたので
アメブロの過去記事を順次ご紹介しています
今回は子供の熱性ケイレンのケース②です



その日はCalcのマテリアメディカを読んでいました

結構けいれんや内部のけいれんからくる痛みの症状が多い

てんかんの症状まである

これは熱性けいれんに有効かもしれないな

と考えていたところ、

友人から電話が

1歳のお子さんが熱性けいれんだという!

彼女はホメオパシーを日常使っている人

最初5分強直性のけいれんを起こしたので

Cupr200Cをあげたのだが

しばらくしたらまたけいれんを起こし

今度は10分間続いたとのこと

汗をすごくかいており衰弱している

黄色い鼻水

乳歯が生えてきているところということもあり

Calc30Cをとってみてもらった

するとすぐにこてんと眠ってしまったとのこと

その後けいれんは起きなかった


この後TBRというレメディー検索ソフトで

症状を選択して出てきたレメディーは

みごとCalcが2番目

1番はArsだったがけいれんの度数が

Calcより小さいので除いて考えるとトップである!

また、3番目がPulsだった

意外とPulsもけいれんの症状があるんですね

そして彼女はなぜか今回Pulsをあげていなかった!


ということは

子供のかかる病気のNo1のPulsは

実は熱性けいれんの予防に効果的なのかもしれませんね



ちなみに以下は熱性けいれんの一般的対処方法(ネットよりコピペ)です

家庭での応急処置
① あわてない:数分で止まります。命に関わることはまずありません。
② 何もしない:歯を食いしばっているときでも口の中にものを入れない。大声で呼んだり、体を揺すったり、押さえつけたりしない。
③ 楽な姿勢:衣服をゆるくし、特に首の周りをゆるくする。
④ 嘔吐対策:横向きに寝かせるか、吐きそうなとき顔を横に向ける。
⑤ 観察する:体温測定し、持続時間と様子(左右差、目の動き)を観察・記録する。後の診察のとき、医師に説明できるように。
⑥ 意識回復を確認:意識がはっきりするまでは口から薬・飲み物を与えない。
■ 救急車を呼ぶ必要があるとき
① 発作が5~10分以上続き、止まる気配がないとき
② 短い間隔で繰り返し発作が起こり、この間意識消失が続くとき
③ 全身ではなく体の一部だけ、あるいは部分的に強い発作のとき
④ 他の神経症状を伴うとき(意識の戻りが悪い、麻痺など)
⑤ 初めての発作でパニックになりどうしてよいかわからないとき(医学的というより社会的適応)
  


Posted by ホメオパス 杉浦美奈子 │コメント(0)