2018年01月25日 08:00  カテゴリ:ホメオパシーとはどういう療法なのか

ホメオパシーでは何が出来るの?

ホメオパシーセンター愛知三河安城
ホメオパス 杉浦美奈子です
2016年4月の記事から再掲です

ホメオパシーってそんな事も出来ちゃうの⁉️
と、よく言われるので、
何が出来るかざっとご紹介します。

ホメオパシーは自己治癒力を触発して自分の力で病気を治癒に導く療法です。
症状があれば、どんな難病にも打つ手があり、改善の余地があります

自閉症やアスペルガー症候群
潰瘍性大腸炎

原因不明の難病例えばALS(Amyotrophic Lateral Sclerosis、筋萎縮性側索硬化症)

精神病にも方法があります。
鬱病
躁鬱病
統合失調症

また、不定愁訴と呼ばれる病名のつかない不調や感情の問題にはホメオパシーは真価を発揮するでしょう
花粉症
気分の落ち込み
イライラして子供にあたってしまう
昼間の眠気がひどくて辛い
眠れない
朝起きるのが辛い
とにかくいつも体が怠く横になりたい
夜何度も起きてしまう
夜何度もトイレに起きる
子供の酷い癇癪
月経前の不調、例えばイライラ、頭痛、吐き気
酷い月経痛
耳鳴り
などなど

副作用が有りませんから、妊娠出産子育ての時期に大活躍します
妊娠したい
悪阻、腰痛、座骨神経痛、マタニティーブルーなどの妊娠中のトラブル
陣痛が起こってからのケアに
出産後のケアに。例えば子宮の戻り、産後鬱、母乳が出ない又は出すぎる、乳首の傷、乳腺炎、寝不足、疲れなどなど
新生児にも、黄だん、乳児湿疹、オムツかぶれ
発熱、成長不良、不眠、
少し大きくなれば、乳ばなれのサポート、癇癪、成長不良、発熱、アトピー、喘息、熱性痙攣などなど

急性症状には素早く作用します
発熱、
嘔吐下痢
頭痛
熱性痙攣
頭を打った
捻挫、打ち身
などなど

デトックスを得意としていますので、
向精神薬や睡眠剤を止めたい方
血圧やコレステロールの薬を止めたい方
頭痛薬を止めたい方
花粉症の薬を止めたい方
予防接種に含まれる重金属や有害物質の排出がしたい
農薬のデトックスがしたい
などなど

動物や植物にも使う事が出来ます
特にペットのケアに使われると、医療費の大幅な節約になります。

感染症予防にも
インドやキューバでは大規模な感染症予防に成功した実績があります。
受験生には特にオススメ!本番に力を発揮できるように備えることが出来ます。
(子供のかかる感染症の大切さは学ぶ必要がありますが。)

魂と心と体、三つの調和がとれている事が健康です。
魂、心、体全てに対応するホメオパシー
ホメオパシーには方法があります。  

Posted by ホメオパス 杉浦美奈子 │コメント(0)