2018年01月18日 07:00  カテゴリ:インナーチャイルド

インナーチャイルド癒しへのアプローチ フラワーエッセンス

ホメオパシーセンター愛知三河安城
ホメオパス 杉浦美奈子です
2015年11月の記事の再掲です



このところ定期的にフラワーエッセンスをとっています

フラワーエッセンスを筋反射テストで選ぶと

今現在の自分の問題点が浮き彫りになります

私はベイリーフラワーエッセンスを使っています

一番最近選んだのは

S-8 BrackenとC-5 Fears

2つとも恐怖に関係するものです

愛されていない、望まれていない恐怖

自分自身の力への恐れ

自分の存在の根源に対する恐れ

子供時代の霊的感受性の妨害に関係して起こる恐れ

この様な事に関係します

今まで選んだことが無いもので少し驚きました

これを見ると

今、自分は子供時代から積み重ねた恐れと向き合うことが大事な時だとわかります

取り始めると何故か喉が渇いて仕方がなく普段よりたくさん飲めてしまいます

私は実は水がたくさんのめません

夏でも500ml飲むのがやっとです

喉も渇きません

そこでふと思いつきました

私は子供の頃トイレが近く、

家族で出かけるたびに何度もトイレに行きたがる事でよく叱られました

昔は授業中にトイレに行くのはかなり恥ずかしい事でしたし

叱られるのが嫌なので

水を飲まない様にしていた事に思いあたり

知らず知らずに恐怖によって水が飲めなくなっていたんだと気がつきました

フラワーエッセンスはとり終わりましたが

水は飲めています

恐怖のブロックが外れる事で

身体にかかっていた制限が外れたのです

改めて感情と身体の関係の密接さに驚きました

自我にがんじがらめになって動けない時

フラワーエッセンスやホメオパシーのレメディーは

感情体に直に働きかけ

不必要な思い込みを外し

健康へと導いてくれます

自分自身の力を信じられる様になる

そういう療法なのです

お問い合わせはこちら

  


Posted by ホメオパス 杉浦美奈子 │コメント(0)

2018年01月17日 07:00  カテゴリ:インナーチャイルド

インナーチャイルド癒しのヒント

日本ホメオパシーセンター愛知三河安城
ホメオパス杉浦美奈子です
2015年9月の記事の再掲です


みなさん、感情と向き合っていますか?

イヤだと思った感情は感じないようにしてフタしちゃってませんか

現実逃避して気持ち紛らわせて、無かったことにしてませんか

フタしても無かったことにしても

生まれてしまった感情は消えていかないです

溜まっていきます

感情を癒すには感じきるしかないのです


私も相当ためちゃっていました

普段、気になる症状に対してレメディーをとっているのですが

このところIgn(イグネシア)がヒットすることがたびたび

自分の前に現れる人は自分の鏡なので

最近の私のクライアントさんも

蕁麻疹のかゆみがイグネシアで収まっちゃったり

(ちゃんと症状で調べていくとイグネシアがトップだったりする)

しつこい頭痛がイグネシアで落ち着いたり

もちろんその方の背景から

悲しみをため込むことで症状が出ることがあること

見つめて悲しみを感じる事が大事だということ

そもそも悲しみを感じることを怖がっていませんか?

などなどお話して、悲しみと向き合ってくださったとき

あっけなく症状が改善することがよくあります

私自身も感情を見つめていく中で

悲しいと感じることを無意識にさけて生きてきたなあと

しみじみ思います

私自身イグネシアを続けてとっていて

また悲しいと感じる出来事が起こるんですよ

今度こそ逃げないでごまかさないで感じようとつとめたところ

昨夜久しぶりにお腹を下しました

(私はだいたい好転反応はいつも下痢です)

まだまだ溜まった感情があるもんだなあ、とうんざりすると同時に

なんかすっきりしました

悲しみを感じることがまた一歩、怖くなくなったのが解りました


いやだと思っている感情を感じるのって

ちょっと冷たい海に入るときに似ています

最初つらいんですけど

すぐに慣れて気持ち良く泳げる

子供の時の自分はこの最初が超えられなかったけど

大人になった自分は結構簡単に越えられます

一つずつ超えていきましょう

どうやって超えたらいいかわからない

そんな時はホメオパスに

一時間のカウンセリングで一緒に糸口をみつけましょう

お待ちしています

お問い合わせはこちらから  


Posted by ホメオパス 杉浦美奈子 │コメント(0)

2018年01月16日 07:00  カテゴリ:私のホメオパシー体験カテゴリ:ホメオパシー症例

胃腸風邪・嘔吐下痢のケース うちの場合

ホメオパシーセンター愛知三河安城
ホメオパス 杉浦美奈子です

昨年秋にアメブロからブログをお引越ししましたので
アメブロの過去記事を順次ご紹介しています
今回は2015年5月の自分と夫の胃腸風邪のケースです



久しぶりに熱を出して寝込みました

体温計がどこかにいってしまい

熱が測れなかったので定かではありませんが

けっこうな寒気と無痛の下痢がありました

始まりは夫から

飲み会から帰ってすぐに吐いてしまい

次の日も吐き気が続き起き上がるのもしんどい状態

最初は飲みすぎたんじゃないのと

ナックスボミカをあげたのですが

次の日も水を飲んでも吐く状態

本人もそんなに飲んでいないのにおかしいと言うし

これは食中毒か、胃腸風邪かと

とりあえずアーセニカム

変化なし

吐いても吐いても楽にならないのでイペカック

これで突然楽になったらしい

では眠れるようにとアヤワスカ(基本キットにはないです)

10分後にのぞいてみたらグースカ眠っていました

アヤワスカは以前私が胃腸をこわしたときにアーセニカムの後にとって

気絶するように眠れたレメディーなのでね

眠ると回復早いですから

次の日の朝

私が無痛の下痢を何度も

すごい寒気が背中を這い上がる感じ

ここでやっと、胃腸風邪かもと思ったわけです

寒気がして立っているのもつらいことからジェルセミウム

お腹壊した時の私の定番、アーセニカム

次に夫と同じくアヤワスカ

布団に入って、なかなか眠れないなあと

時計を見たら2時間たってた∑ヾ( ̄0 ̄;ノ

眠れない夢をみたらしい

なあんだ~よく寝たんじゃないの

さらに2時間寝て

夕飯の支度できました

お問い合わせはこちらからも

  


Posted by ホメオパス 杉浦美奈子 │コメント(0)

2018年01月15日 07:00  カテゴリ:ホメオパシー症例

子供の頭痛のケース

ホメオパシーセンター愛知三河安城
ホメオパス 杉浦美奈子です

昨年秋にアメブロからブログをお引越ししましたので
アメブロの過去記事を順次ご紹介しています
今回は子供の頭痛のケースです


ホメオパシー講座に参加された方のケースです

「冬の体調管理と基本キット」に参加された後

娘さんの通う幼稚園から

頭が痛いそうなので迎えに来てくださいとの連絡で急いでお迎えに行って

さっそくその日勉強してきたレメディーの中から

「とにかく痛みに」というキーワードでマグフォス30Cを選択

すぐにあまり痛くなくなった

しかしここ最近頭痛を訴えることが多く気になっていたので

最近の出来事から考えて

夜寝る前にイグネシア30Cを3日ほど試してみた

2日目レメディーを口に入れたところ

「もう踊るところには行かないから」

と娘さんが言ったそうで

そう言えば数日前バレエ教室の体験に連れて行ったときに

途中から泣いてずっと隅っこで座っていたことがあった

その悲しさがレメディーで出てきたようだった

3日目レメディー口に入れたところ

「ひいおばあちゃんにまた会いたかったなあ」

とまた娘さんが話してくれ

一か月ほど前にひいおばあちゃんがなくなって

この娘さんは悲しい気持ちをひきずってしまう所があるとお母さんは思っていたそうで

いろいろな悲しみをため込んだままいたことで

頭が痛くなっていたのではないかと思われたそうです

講座でイグネシアの特徴にピンときて使ってみたところ気づきがあったケースです

母のカンですね

急性の悲しみをイグネシアで出し切ることにより

頭痛が改善するとともに

娘さんがどんな時に悲しかったかが理解できた

これからは悲しいことがあったら

娘さんにイグネシアをあげて

出てきた気持ちをうけとめていこうと思われたそうです

すてきですね
  


Posted by ホメオパス 杉浦美奈子 │コメント(0)

2018年01月14日 20:22  カテゴリ:日常

東京グルメ

東京に来ても
いろいろありすぎてわからなくて
結局コングレス会場しか行かないで帰るという残念な感じなのですが
今年はグルメ旅に!
横浜でチーズフォンデュ
お野菜たっぷりのお店で、他にもお腹いっぱい食べました


東京でバーニャカウダ
初めて食べたよバーニャカウダ


いや〜満足!
しかし、あらためて見ると
野菜を何か美味しいあったかいソースにつけて食べるシリーズ
どっちも美味しかった!

  

Posted by ホメオパス 杉浦美奈子 │コメント(0)

2018年01月14日 08:29  カテゴリ:日常

東京うろうろ

じつは列車好きです
ホメオパシーの学術発表会で東京にきておりまして
今日は最終日
会場に向かう東急世田谷線の車内で書いています。
東京世田谷線可愛くて大好き
ローカル線みたいなのに
地下鉄並みにすぐ来る
必ず一番前に乗っちゃいます


  

Posted by ホメオパス 杉浦美奈子 │コメント(0)

2018年01月14日 07:00  カテゴリ:ホメオパシー症例

帯状疱疹のレメディー

ホメオパシーセンター愛知三河安城
ホメオパス 杉浦美奈子です

昨年秋にアメブロからブログをお引越ししましたので
アメブロの過去記事を順次ご紹介しています
今回は2015年2月子供の帯状疱疹のケースです

次男が

お母さ~ん背中が痛い

と言う

みると赤いポツボツが左肩甲骨したから胸にかけて出来ていた



れはもしや帯状疱疹⁈

痒いけど掻くと痛い。ヒリヒリする

年末年始の旅行疲れからすると頷ける

それではとりあえず、ラストックス30C一粒

ラストックスのミツロウクリームも患部に塗る

そして寝る前に

帯状疱疹のノゾース、ヘルペスゾースターを一粒

畳に擦れたみたいな痛さだそうですが、本人特に気にならないので聞かないと痛いかどうか言わない

朝にラストックス、一粒

夜にヘルペスゾースター一粒

これを毎日

今日はうっすら跡が残るくらい。

本当に帯状疱疹かどうかは病院行ってないのでわかりませんが

帯状疱疹症状は、神経にそって赤い発疹と水ぶくれが帯状に現れ、痛みを伴う。体の左右どちらか一方に現れるのが特徴です。

当てはまりますね

ほとんど痛がらなかったのであまりレメディーも使いませんでした。

シンプルに二種類のみ

原因は水疱帯状疱疹ウイルスで、水疱瘡と同じです。

ウイルスが神経組織のなかに潜伏しており、ストレスや加齢、外傷などによって抵抗力が弱まると潜伏していたウイルスが活発になり帯状疱疹を発症します

子供だからでしょうか、

正直こんなに早く治るとは思っていませんでした

自己治癒力に感謝です  


Posted by ホメオパス 杉浦美奈子 │コメント(0)

2018年01月13日 07:00  カテゴリ:レメディー紹介

海外旅行用レメディー インド編

ホメオパシーセンター愛知三河安城
ホメオパス 杉浦美奈子です

ブログをお引越し中で、過去記事を修正加筆して再掲しています
今日は2014年12月の記事


インドに研修旅行へ行くことになったクライアントさんから

インド旅行対策レメディーのセレクトの依頼があった



このクライアントさんは

大変お腹を壊しやすく

乗り物酔いにもなりやすいということで

インド旅行が大変不安だということだった

乗り物酔いになりやすいのに

インド国内を車で数時間移動する行程らしい

ぜったい現地のものは食べられないと思うとおっしゃる

そこでこの方の普段不調になりやすい症状から

以下のレメディーを選択

Cocc (コキュラス)  
     乗り物酔いに
     吐き気、曲がりくねった道での乗り物酔い
     長旅・看護疲れ・過労の後・寝不足
     乗り物酔いの結果の頭痛・首の付け根、後頭部の頭痛

Ip (イペカック)  
     乗り物酔いに
     激しい吐き気・吐いても楽にならない
     片頭痛による吐き気・咳から吐くとき

Nux-v (ナックスボミカ)
     気持ち悪いとき・食べ過ぎ飲みすぎ
     消化不良、便秘・吐き気があるがなかなか吐けないとき。
     便意はあるがなかなか出ないとき

Arg-n (アージニット)
     不安や心配事からの下痢・先々を心配しすぎる傾向に
     旅行の前に不安になったらとってみてください。

Ars  (アーセニカム) 
     食中毒のNo1・下痢、嘔吐にはまずこれを試してみて
     健康に対する不安、心配から悪化する。

Chin (チャイナ)  
     脱水症状、体液の喪失(下痢、嘔吐、出血、発汗)
     下痢、食中毒、赤痢・断続的な熱・マラリア・果物や野菜で悪化・

Merc (マーキュリー) 
      不快なにおいの下痢・夜に悪化・
      下痢をして、出しても出しても出し切れないとき

Carb-v  疲労感に
     

Botul (ボツリヌス菌の毒素から作られたレメディー希釈振盪されて物質は全く残っていませ     んから安心です)
     激しい下痢、嘔吐に・上記のレメディーが効かないときに。


Ferr-p (ファーランフォス)ティッシュソルト
     貧血に。血流を良くする目的で。気持ち悪いときに。
     飛行機などで座りっぱなしの時。疲労、集中力低下・

Kali-p (ケーライフォス)ティッシュソルト 
     神経の疲れに。肉体的、精神的、
     知的能力が低下していると感じるときにいつでも。
     鎮痛剤をとる前に10分おきにリピートしてみて

 
という一覧表を作ってお渡しした


今日、帰国したとの連絡があり

全く乗り物酔いにもならず

おいしくカレーを食べて

持って行った日本食は

お腹をこわした同行者の方にあげてしまった

とのことだった

気を付けていたことは

早めにレメディーをとることと

歯を磨くのも

買ったミネラルウオーターを使ったことだそう

全くお腹を壊さなかったとは驚きでした


こんなぐあいに

旅行の時にもとっても便利なホメオパシーです

この方には普段の症状から選択しましたので

このようなセレクションですが

人それぞれで選ぶレメディーは違ってくることもあります

レメディーで迷った時は

ぜひお近くのホメオパスにご相談くださいね  


Posted by ホメオパス 杉浦美奈子 │コメント(0)

2018年01月13日 00:32  カテゴリ:日常

横浜で前泊 明日はコングレス

明日から開催のJPHMAコングレス ホメオパシー学実大会に出席するため
横浜の義妹宅に前泊させてもらっています
駅前が素敵(^^)




人気のお店に連れて行ってもらい、大満足です
これは野菜たっぷりのチーズフォンデュ!
明日頑張れるわ〜


  

Posted by ホメオパス 杉浦美奈子 │コメント(0)

2018年01月12日 07:00  カテゴリ:私のホメオパシー体験

もしかして発達障害?ホメオパシーには方法があります

ホメオパシーセンター愛知三河安城
ホメオパス 杉浦美奈子です

昨年秋にアメブロからブログをお引越ししましたので
アメブロの過去記事を順次ご紹介しています
今回は2015年6月の発達障害についての記事です




発達障害気味だけど診断がつくほどではない

小さい頃うちの子はこんな感じでした

私は20代のころ社会福祉主事という国家資格を取った時に

発達障害についての知識を得ました

なので息子の異常なこだわりの強さとか

食べ物の好き嫌いの異常な多さとか

他の子供と遊ぼうとしない(特定の子としか遊べない)こととか

忘れ物やなくし物の異常な多さとか

なんとなく発達障害くさいと感じていました

多動ではなかったため

検診や保育園でも指摘されませんでしたが

しかし私は死ぬほど悩んでいました

特に食事面で

食べられるものが牛乳とパンと卵

戦隊物の絵柄の付いたレトルトのカレー

スナック菓子やインスタントラーメン

あまり食べさせたくないものしか食べませんでした

運動させようにも極端に動きたがらない

おやつをあげなくても

お腹を空かせていても絶対に嫌いなものは口に入れませんでした

毎日何を食べさせようかと

キッチンに立ち尽くす日々

一時間も二時間も献立が決まらずただ時間が過ぎていく

たぶん病院に行けばうつ病と診断される感じでした

疲れすぎていて病院に行く気力もなく

行かずに済みましたが

ホメオパシーに出会って

ホメオパスの健康相談を受けてレメディーをとるたびに

息子たちは大きく変化しました

最初変化に気が付いたのは学校の先生でした

作文が急に書けるようになったと言ってびっくりされました

今では好き嫌いはあるものの

野菜も食べられます

運動も好きになり

友達もたくさんできました

忘れ物も徐々に減りつつあります

一番効果のあったのはなんのレメディーだと思いますか?

予防接種を希釈浸透したレメディーです

これをとって

たくさんの膿を排出したり

熱を出したり

感情を出したりして

変わっていったのです



私の末の妹が

子供の同じような症状で悩んでいました

先月健康相談をしてレメディーを取り始めたところ

二週間で

急にお友達と遊ぶようになったり

皆と一緒に楽しそうに歌を歌えたり

出来なかった工作が急にやりはじめたりと

昨夜うれしい報告をしてくれました



発達障害かもと悩んでいる方、

ホメオパシーは副作用はないのですから

試す価値はありますよ

ホメオパシーには方法があります
  
タグ :発達障害


Posted by ホメオパス 杉浦美奈子 │コメント(0)