2017年09月27日 20:24  カテゴリ:ホメオパシーとはどういう療法なのか

ホメオパシーとは①

ホメオパシーは200年ほど前のドイツで生まれた自然療法です。
日本語では同種療法といいます。
1755年から1843年に生きたサミュエル・ハーネマンという医師が、当時の医療の限界に苦しんで生み出したものです。

一般の薬と違い副作用が無く、
新生児や妊婦さん、ペットや植物にも使うことができます。
そして、体だけでなく、心や魂にまで働きかけることが出来る療法です。
生き物に本来備わっている自然治癒力を触発し、
自分の力で治癒に向かうことを手助けする。
それがホメオパシーです。




▼ブログメニュー
わたしについて健康相談会定期講座出張講座

▼ホメオパス杉浦美奈子へのお問い合わせ
Tel: 080-5115-3750
⇒お問い合わせメールフォーム
同じカテゴリー(ホメオパシーとはどういう療法なのか)の記事
 レメディーの使い方についてよくある質問 (2018-06-18 05:30)
 身体の症状は成長のチャンス (2018-06-17 06:38)
 ホメオパシーとは (2018-05-23 17:00)
 病気は全部自己治癒力が治してるんだよ (2018-05-05 08:44)
 ホメオパシーでは何が出来るの? (2018-01-25 08:00)

Posted by ホメオパス 杉浦美奈子 │コメント(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。