ブーログ › ホメオパス杉浦美奈子のブログ › ホメオパシー症例 › 

子供の熱性ケイレンのケース①

2018年01月11日 07:00  カテゴリ:ホメオパシー症例

子供の熱性ケイレンのケース①

ホメオパシーセンター愛知三河安城
ホメオパス 杉浦美奈子です

昨年秋にアメブロからブログをお引越ししまして
過去記事を再掲しています
今日は2014年11月の記事から
子供の熱性ケイレンのケースです。



熱性けいれんに使われる薬

ダイアップ

これって神経症や心気症

要するにうつ病や不安神経症などの薬と同じ成分です

知ってました?

私の学生相談のときのクライアント様で

主訴が熱性けいれんの方がいらっしゃいました

薬が良くないことはわかっているが、熱性けいれんが怖くて薬を使ってしまっていたそうです

レメディーを飲み始めて一週間ほどで発熱し

ベラドーナ30Cをなめさせたら急に熱が上がり

けいれんを起こしたと電話がありました

すぐにキュープロム200Cをとっていただいたところ

その後はけいれんは起きませんでした

夜の発作がこわいということでしたので

予防としてキュープロム200Cを

すぐに使えるように寝る前に1粒とっていただき

さらに小さなスプレーボトルに水を入れて

その中にキュープロム200Cを一粒いれたものを

けいれんしそうなときや

けいれんが起こった時に吹きかけるようにしてもらいました

どうしても怖いときは薬を使ってくださいねとお願いしてありましたが

使う必要はなかったそうです

電話でやり取りしたのはお昼頃から夕方にかけての数回のみ

他にも違う症状に対していくつか違うレメディーも使用しました

一晩レメディーで乗り切ったお母さんは

晴れ晴れとして嬉しそうでした

薬の副作用と熱性けいれんの二重の恐怖を

自分の力で克服できるんだと分かったことで

克服できたのです



以下は由井寅子のホメオパシーガイドブック③ キッズトラウマ  より抜粋

Cupr (キュープロム/銅)

脊髄、小脳、肺によく作用し、それらの神経が麻痺する傾向に合います。
Cuprは、熱性けいれんの症状に最適なレメディーとして知られています
高熱から引きつけををおこしたり、器官の麻痺から窒息しそうになる症状に適合します。
Bellよりも熱がはるかに高く、座薬を使わなければならないような子供の高熱に適合します
なた、高熱からてんかんを起こす新生児に適合します。中略 高熱からのてんかんが起こった際にCuprをとることで、てんかんからの脳障害を起こしにくくなることが広く知られています。





▼ブログメニュー
わたしについて健康相談会定期講座出張講座

▼ホメオパス杉浦美奈子へのお問い合わせ
Tel: 080-5115-3750
⇒お問い合わせメールフォーム
同じカテゴリー(ホメオパシー症例)の記事
 胃腸風邪・嘔吐下痢のケース うちの場合 (2018-01-16 07:00)
 子供の頭痛のケース (2018-01-15 07:00)
 帯状疱疹のレメディー (2018-01-14 07:00)
 子供の熱性痙攣のケース② (2018-01-12 07:00)

Posted by ホメオパス 杉浦美奈子 │コメント(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。